国家資格誕生のメリット

複数の人

心理学で初めての国家資格

心理カウンセラーを目指すのであれば、心理学関連の資格を保有することが望ましいと言えます。現時点では、心理カウンセラーになるために必ず資格を有しなければいけないという決まりはありません。無資格でも心理カウンセラーとして活動することは可能ですし、現に非営利団体で無資格でもカウンセリングを行っている人はたくさんいます。しかし今後は、無資格でいると活動範囲が狭くなってしまう可能性があるといわれています。その理由が、平成30年から心理学で初めて国家資格が誕生したからです。それが公認心理師です。これから大学で心理学を専攻し、資格を撮ろうと考えるのであれば国家資格を取得することができるのは大きな糧となるかもしれません。国家資格が出るまでは、臨床心理士がハイレベルとなる資格ではありましたが、それは国家資格ではなく民間資格となっています。国家資格を取得することができれば、心の専門家としてたくさんの人に信頼される証を得ることになります。現在では精神的なケアを求める人は多く、精神的な病に悩まされる人も増えてます。しかし心理学の知識が少ない無資格な人が心のケアに取り組むことで、精神的な負担が悪化するケースもあります。悪化してしまえば、それこそ治療が長引き、長く苦しむことになることもあるのです。心理カウンセラーになるためには、しっかりとした心理学の知識を身につけなければ出来ないケアはたくさんあります。そのケアができるようになる証として、公認心理師が誕生したのです。

Copyright© 2018 病院奨学金の詳細をチェック【制度を賢く利用して夢を叶えよう】 All Rights Reserved.